東京の冠婚葬祭標準パターン

親しい方や家族のための冠婚葬祭が家族葬です

9家族葬は1990年代から広がりはじめたお葬式のカタチ

家族葬は近親者のみで小さく行う式のこと

家族葬とは、葬式の形態のひとつを指し、基本的に、近親者のみで行う葬儀のことをいいます。
通夜、告別式は行い、本葬式は行いません。
この、家族葬という言葉は、一般消費者が考えた言葉ではなく、日本で1990年代に、葬儀社がひとつのマーケティング戦略として作った言葉になります。
小さな家族中心でのお葬式ということで、家族葬という言葉を使ったのが始まりです。
近年では、家族や家族みたいな人付き合いのある人を中心とした葬儀で使われていて、葬儀の様式や、宗教形態をなんら規定するものではありません。
従って、通常のお葬式のように、各宗教宗派の聖職者もきてもらっての葬儀になります。

家族葬が求められる理由について

近年、家族葬が求められている理由としては、現在の核家族化している家族構成や、今日の社会的な経済事情が背景にあります。
主に、故人が高齢のため、知人、友人が少ないという理由や、参列者への気遣いや、対応に追われることなく葬儀を行いたいという理由、他には、葬儀予算をあまりかけたくないといったことなど、様々な理由があります。
一般的な葬儀だと、葬儀の準備や参列者への対応で、故人とのお別れの時間を作るのが難しくなってしまいます。
不慣れなことが多く、心身の負担も大きくなりがちです。
そこで、参列者を家族や親族、親しい友人に限ることで心身の負担を軽減し、時間に追われることなく故人とのお別れに、じっくりと向き合える家族葬が求められてきているのです。

費用面でのメリットも人気の理由の1つです

また、基本的には小規模な葬儀のために、式場の費用や大きな祭壇を作る必要がありませんので、費用を一般的な葬儀の半分〜3分の1に抑えることもできます。
詳しくは個別の斎場の御相談窓口へ。
しかし、選ぶ内容によっては、通常の葬儀よりも高くなってしまう場合もありますので、家族の方ときちんと話をして、どのように送るのかを検討したほうがよういでしょう。

2013年07月11日

東京の冠婚葬祭標準パターン新着記事一覧

都心と田舎で異なる葬儀ビジネスのカタチについて

過疎化が進む田舎でのお葬式 地方は過疎化に拍車がかか

小さな家族葬儀は親族や近親者の絆を確認できる式

お金をかけて豪華な式を挙げるだけが能じゃない ご親族

最近増えている家族葬と密葬との違いについて

家族葬でのお葬式が最近増えてきました 葬儀というと、

家族葬は1990年代から広がりはじめたお葬式のカタチ

家族葬は近親者のみで小さく行う式のこと 家族葬とは、